映画・テレビ

映画のはしご

尾張旭童太鼓の所属団員がかなり減ってきて、みんなで支払うべ
く太鼓倉庫兼運搬車である、ハイエースの維持管理費が賄えない
状態になってきた。発足当初は8人で太鼓も少なかったからエブリ
にその都度乗せて運んでいたが、団員が増え太鼓もどんどん買っ
たりしてどか~んとハイエースも買っちゃってりして、良い時代だっ
たなぁ・・・愛知万博に出演した頃は60人もいたんだよな!
時代は変わる!太鼓奏者としての実力は上がっても社会人となれ
ば練習に来るのも大変らしい。
今中心となっている中学生達も高校受験でどうなることか・・・
仕方無いよね、身の丈の生活をしよう!と言う事でハイエースを
手放し、エブリで運ぶためにはすべての太鼓を自宅に置かなくて
はならず、1月中かかって1部屋を空けた。
ああ、さっぱりした、広くなったなぁ、これで多分置けるさ!
しかし、その都度乗せるの大変だなぁ、軽いのだけにしよう!
と言う事で、昨日は気分転換に映画鑑賞。しかも1日2本!
最初、栄の名演小劇場でドイツ映画「未来を乗り換えた男」
素晴らしい映画だった。
難民の追い詰められた悲劇をサスペンスフルに描き、どんな困難
にあっても良心を忘れない、美しくも悲しい人間の性を映し出した
力作!少し前に観た「東ベルリンから来た女」が良かったので、
この監督の脚本なら面白かろうと信じてたが、やはりね、映画は
脚本次第だな。
その後で名古屋駅109シネマズで「アリー・スター誕生」を観た。
期待してなかったとおりつまらなかった。
スター誕生は何度もリメイクされてるけど、私はバーブラ・ストライ
サンドのが好きだな。でもレディー・ガガの熱唱が聴けたし、12月
に「ボヘミアン・ラプソディ」のパンフが売り切れてて変えなかった
のがゲット出来たから良しとしよう。
外に出ると・・・この辺りは、何だか別世界
Img_0403

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しさの後の映画鑑賞

大きなイベントが立て続けに終了して、足も治ったので毎日毎日
気になっていた町内の芝刈りとかサツキの剪定とかを、朝からず
っと疲れることなくダイナミックに行っていたが、雨降りでは仕方
無いなあ、映画でも行くかと3年振りに笹島109シネマに行った。
驚いた!辺りの様子が全く変化して、何!ここはどこ?大都会?
3年前、映画館とライブハウスがあるだけで、名古屋駅から少し
離れた田舎の風景でしか無かったのが、何と15階建てビルが立
ち並び道路は広く美しく若者がわんさと歩いている!
この3年の間に愛知大学か近代的建物で誘致され、大和ハウス
の美しいビルが建ち並び、何かもう~ビックリしたぞ~!
で、何の映画かというと「万匹家族」なのだ。
暗い映画だなあ~と思いながら観ていたが、終盤涙が溢れ止ま
らなかった。是枝監督作品として、一番良かったな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに映画を観た。

DVD製作もひとまず50セット出来たのでちょっと休憩で映画を観
に109シネマズに出掛けた。
たかじんのそこまで言って委員会で作家の百田氏が小気味よい
しゃべくりを繰り広げてたので、彼の原作「永遠のゼロ」にした。
良い映画だった。良く出来た反戦映画であった。
もう~泣きすぎて、目がポンポコリンになってしまったよ!

隣のゼップ名古屋で、風の軍団なるカラフルな若い男女がたむろ
していたが、初めて聞いた名前だ。どうやら「湘南乃風」と言う
グループの公認応援団と言う物らしいが、その前を通ったらカラ
フルなお兄ちゃんが「ライター持ってます?」って声かけてきた。
あのね、金髪だからってたばこ吸うとは限りません事よ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海テレビよ、有り難う!

取りあえず、収録したものを無事放映してくれましたぁ!
はあい、9時半頃に「今からですね?見ますからね。」と何本か
電話を頂き、番組終了後も電話やメール有り難うございました。
で、このブログにもコメント頂いた「まな」さん、有り難う。昨年の
演劇ワークショップでご一緒した方だそうで、やはりテレビの力
ですねぇ。
さすがプロ、13分間の内容が上手にまとめてありました。そして
我が太鼓団体の部分は5分間も頂いて、恐縮でごわす。
でも神奈月さんとのやりとりで面白かった話がもっと一杯あった
けど、限られた時間内だからしょうがないわねぇ・・・残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ放映、又々変更!

ガビーン、ズコーン、ほえ~!何だべさ
あちこち連絡して帰宅、玄関口で携帯のベル。今朝のディレクター
の消え入るような声で、「済みません、先ほどの件ですが、元に
戻りまして明後日放映する事になりまして・・・放送形態が変わり
まして・・・済みません。」      私、しばし絶句!
オーム真理教の公判はあるが他の番組で取り上げるらしい。
嬉しい様な迷惑な話で、もう変更は無いですね?と確認すれども
「はい、たぶん、大丈夫だと思いますが・・・」と、蚊の鳴く様な声。
結局、16日(木)の朝、9時50分からの東海テレビ・スイッチ!
で放映される。たぶん我々の収録分は10時ちょい過ぎから。
いや、まあ、これが放送世界の実態だと思う。その日に大事件が
起きたら、ほとんどの番組はそれ一色に変更される訳だし・・・
「良いですよ、テレビはこういうモンだと分かってますから。」等と
悟りきったようにディレクターを慰める私。
心中、「くそっ、又メール打ち直しせねば!」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

テレビ放映1週間延期!

東海テレビのスイッチ!と言う番組の木曜日「長さんといっしょ。」
コーナーの取材を受けたのが昨年12月6日だ。
で、放映が1月16日と言うので、年賀状にもそう書いて出したし
私自身もかなり楽しみに待っていた。
ところが今朝、担当のディレクターから電話があり、オーム真理教
公判の特番が入るため1週間の延期ですと言ってきた。ガーン
あ~あ、だからテレビ局ってやだよ、取材の時も確定では無いと
言われながら太鼓の連中を集める矛盾に胸を痛めてきたが・・・
年賀状には予備日として30日と書いたが、だってどっちか分から
ないみたいだったし、23日はその間じゃん!
16日に、予定の番組は1週間延期って言ってくれますか?と聞い
たら、何も言いませんとの事。
あ~あ、出来る限りの連絡はしてみよう。だけど又延びる可能性
もあるし、中止だってあるかも・・・・もう、知らん
取りあえず、このブログを覗いて下さる皆様へ
東海テレビ23日(木)、朝9時50分からのスイッチ! 番組中、
たぶん10時10分頃から尾張旭市の紹介があり尾張旭童太鼓
上級生達の練習風景が放映されますので宜しく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風立ちぬ

宮崎駿さんが引退してしまう・・・長編アニメは年齢的に無理だそう
で、でも短編復活はあり得るかも?
劇場で観ておかねば!で、今日109シネマズ名古屋シアターへ
行って来た。実は、台風が去った後、こんな時なら空いてるだろう
と観に行ったら、何と驚く事にチケット売り切れ うっそぉ何で?
昼間の仕事を持っていないとどうも曜日の感覚がなくなるようで、
その日は月曜だけど祝日だった。でも駐車場入れちゃったし・・・
あそこは映画を観れば3時間は無料だし、私はシニア料金だし、
ま、何でも良いから観よう位の感覚で選んだのが、スタートレック
だったが、子供の頃テレビでシリーズを欠かさず観ていた以来だ。
驚いたのはバルカン人のスポック役の俳優さんが特殊メイクで、
かつてのあのとんがり耳のスポックにかなり似ていた事だ。

で、今日の「風立ちぬ」だが、後半泣いた泣いた。
Download

宮崎さん、72才で初めて描く大人の長編ラブアニメ
ナウシカは数え切れないほど観たし、ほとんどの作品は劇場へ
足を運んだ。私にとって最高はナウシカだった
完全におこちゃま向けのポニョが私は大して面白くなかった。
売り上げは凄かったらしいけど、
ところが「風立ちぬ」は完全に大人の為のアニメだ。
むろん戦争の事とか子供と一緒に観て話し合うのも良いが、幼児
と一緒に観て欲しくないなぁ。
ジブリ作品だと思って幼児を連れて行く人いるんだろうなぁ・・・
ああ、宮崎さあ~ん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「桐島、部活やめるってよ」

病院湿布薬の良く効く事ったら嘘みたいにすっかり痛みは取れ、
しかしぐっと力を入れる事は出来ず、右手で思い物は持て無いが、
この状態なら早く完治しそうだ。医者が全治3ヶ月とは言うものの、
広田さんはもっと早く治ると思いますよ!と仰ったのは、普段太鼓
で鍛えているからお墨付きを貰ったかな?
今日沢山溜まった芝居・映画のチラシを処分していたら、31日の
夜7時が最終上映の、キノシタホール「桐島、部活やめるってよ」
に気づき、あっ、これ私の観るべき映画の中にあった。間に合う
と急ぎ支度、6時には出発したかったが何のかのと家を出たのは
6時15分。勿論自転車だから今池のキノシタホールまで45分しか
無い!猛烈な勢いで突っ走り丁度7時に名古屋・今池着。
しかし自転車の置き場をどうしようとウロウロ、この辺は有料駐輪
場しかなく、と言っても100円だがバタバタ探して、陸橋をダッシュ
で駆け上がり掛け下がり、ヒーヒー受け付けにたどり着いたのが、
2分過ぎ。映画館によっては途中から入れないところもあるので、
心配しつつ尋ねるとお客さんさえ良ければどうぞとの暖かいお声。
さて、この映画、何故私の観るべき映画にランクインされてたのか
実は覚えていなかった。ま、観てるうちに解るだろうと思ってたが、
解った。これは学園物語だが、映画部の顧問役が現れて納得。
私の大好きな劇団ハイバイ主宰者・岩井秀人がその役の出演者
だったのだ。
以前観たハイバイ芝居のプログラムに「桐島、部活やめるってよ」
に先生役で出演と書いてあって、それが私の脳にインプットされて
いたのだ。
実に面白い、観て良かったぁの映画で、この監督が吉田大八、初
お目見えだが、今後この監督に関しても色々観ていきたいものだ。
同じ世界観みたいな流れで、好きな芸術家から広がって行く・・・
こんな幸せな状態にある自分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニシアターが好きです。

昨夕、名演小劇場にて映画鑑賞、「八月の鯨」
毎月1日は映画の日で1000円なのだ。
淀川長治氏の強い激しい推薦文つきのこの映画、1988年に岩波
ホールで上映され、ほとんど中高年の観客だったのが口コミで若者
にも好まれ、しかし圧倒的に女性客が多かったと言う。001_2

待合室に掲示されてる新聞記事によると、岩波ホール20周年の
企画として支配人の高野悦子さんが、ご自分の母親を偲んで上映
に踏み切ったが、老人しか出演してないので多くの反対があった。
丁度その頃から、老いの問題が取り上げられてて、多くの女性が
かくありたいとの願望でロングランになったと言う。
で、この度岩波ホール創立45周年の企画としてニュープリントの
フィルムで上映、日本全国のミニシアターを順次まわる。
しかし私は、自分の老後の理想像とはとても思えなかった。
だって・・・毎年8月に鯨が現れる岬の別荘に訪れる彼女達は相当
な資産家のはずだし、毎年結婚記念日には、戦死した夫の写真を
前にドレスアップし、ワインを傾けレコードをかけ微笑みかける・・・

思い出も大事にしたいが、わたしゃ死ぬまで新しい事に挑戦し続け
る年寄りになりたい
この映画は老後がどうとかでは無く、単純に素晴らしきハリウッドの
往年の大スター達へのオマージュとして観れば良い。
主役のベティ・デイビス79才、リリアン・ギッシュ91才、脇を固める
役者は78才、76才、66才の、この素晴らしきオールド美
淀川長治さんみたいに、リアルタイムで彼女達の活躍していた若い
頃の映画を観た訳ではないので、彼程に感動出来ないのが残念。
さぞかし、今頃天国では淀川さん、大勢の美女スター達に囲まれて
幸せ一杯なんだろうなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良い映画は何回観ても良い!

たっぷり仕事の無い時間、まとまりなく読書していて黒柳徹子さんの
エッセーの中に、映画評論家淀川長治氏が亡くなる寸前に、今観る
べき映画としてマイク・リー監督「秘密と嘘」を勧められた、とあった
のだが、それなら私も観てるしビデオもあった筈、と埃をかぶった
ビデオテープを引っ張り出して、久しぶりに観た。
良い映画です、泣いた、泣いた、たっぷり泣いた。
1996年のイギリス作品だが、私が観たのはたぶん2年後。
その頃さくらがプロレスラーとしてケーブルテレビの番組G-PANIC!
にしょっちゅう出てたので契約してたし、ついでにWOWOWの映画を
たっぷりビデオダビングしていた訳です。
で、既に何本かはDVD化したけど、ここで実験。
そのままならSPモード録画だが、XPモードて゛ダビング。
明らかに映像がグレードアップする!が、しかし、1時間で録画終了
してしまうので途中から2枚目を入れなくてはいけない。
で、後半泣きながら観てると又、録画終了してしまった。
立て続けに2回観て、同じ所で同じように泣く私もアホだけど・・・
やはり映画は一気に観なくてはならないから、このやり方はいくら映
像が綺麗になっても駄目だ。
しかし、2時間以上の上映時間だったんだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)