« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

刺激を受けに!

童太鼓の演奏曲のかなりの割合を占めるのが「創造集団大太坊」
で、かなり前から一泊して曲を覚えに伊那のアトリエに行っていた
が、今回、アトリエ公演があるのを知り上級生7人で、レンタカーで
出掛けた。26日に午前中演劇教室をやり2時半出発、昼神温泉
郷の尾張あさひ苑で宿泊、大いに呑み会になり、楽しかったnote
008

さて、劇場ではない稽古場での目の前に迫る演奏の素晴らしさsign03
2007年の彼等のDVDに収まっている風馬の演奏者、諏訪さん
に会えるのが楽しみだったが、彼女は、より巧くなりバージョンア
ップしたとでも言おうか、感動の打ち方・目力・表現力heart01
ああ、少しでも近づけるように努力せねば。
017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかなかの達成感!

9棟通路で小さな陥没があってつまずきそうになると言う苦情があ
り、ならばと町内全体を調査して、県に修理依頼を要望する事にし
た。そこで考えたのだが、どうせ工事をして貰うなら、車椅子の世帯
の為にスロープ化をお願いしてみよう。そこで、県の担当者の胸に
響くような文章をひねりにひねって提出し、直ぐに担当者が調査に
来られすんなり5軒分のスロープ化が決まり、直ちに工事が始まり
無事終了。
要望書を読んで翌日来られた担当者曰く、「広田さんのあんな要望
書を読んだら、何とかやってあげなきゃと思いますよ。」だってさnote
ありがと、やったねsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化会館大ホールは良いなあ!

慌ただしくもしっかりと何事も終了した。
まずモリコロ基金の展開期の助成申請書類だが、今年5月5日に
開催した「僕・私、未来の仕事フェスティバル!」が初期活動として
30万円の助成金をゲットして大成功・大好評で、是非来年もやっ
て下さいと多くのアンケートにあったので来年の展開期活動助成
金を頂くべく書類作成を頑張ったのだ。
で、展開期は100万円まで要求できるが、このビックリする金額も
初期活動と違い80%助成なので総事業の20%は自己負担せね
ばならないので高額を要求しても後が大変だし、基金が終了して
からもひょっとしてまるっとボランティアで開催する場合規模縮小
になるギャップが激しいのも何だなぁ・・・との考えでそこそこの助
成金をお願いする事にした。
来年は仕事体験の他に、ロボット制作教室やら、実際にロボットを
運んできて触れ合いさせるコーナーを企画して、大学に業務委託
を取り付けたのだが、10万円以上の業務委託には見積書が要る
らしく、大学に見積書を提出して欲しいとお願いしたら、そんなも
のは今まで書いたことが無いですと仰る。
ならばと、想像で書いたが何とも大ざっぱな事しか分からず、こん
な見積書をつけたら他の事業内容も信用して貰えないなと考えて
大学にロボットに関する業務委託をするのはすっぱり止めた。
その代わり、そこの部屋があくから仕事の職種を増やして本来の
仕事体験を充実させる事にした。
結局39万円を申請し、通れば8万円の自己負担になる。
ま、この金額なら何とか寄付金を募れるはずである。
しかし、審査に不合格でもやるsign01 事にしたsign03
講師の皆様にお礼は出せませんが材料費は出しますとお願いし
ボランティアで参加して下さる方々でのみ開催するのだ~sign03
と心に決め、30日は名古屋アドベンチャーマラソンでの応援演奏
を、矢田川沿い印場橋の下でやった。
2時間以上音を出し続けると言うのは大変な事だったが皆頑張っ
てくれた。しかし余り曲の練習にはならなかったな。

そして11月2日は市民芸能発表会のリハーサル。
「飛翔」という曲を演奏する機会が無いので、これをやろうと練習
してきたが、太鼓セッティングに時間が掛かりすぎるし、その後の
移動もスムーズでは無いと判断し取り止めた。
代表作で見栄えも良い「天地」にして、当日の演奏3曲をビデオ
収録したがなかなかであったぞよ。私個人としては間違えもせず
実に気持ち良く演奏出来、かなりの満足であった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »