« 色んな仕事を同時進行。 | トップページ | ルパン 逝く・・・ »

ああ、ルパン・・・

先週の金曜日、8月29日の事だ、我が家の猫は4匹トイレは二つ
どうやら腹下しがいるらしいが誰だか分からない。その内ウェッー
とやる子が現れた、ルパンだった。一度も病気した事無い13才の
女の子だ。その日はご飯食べず水も飲まないで、うつろに寝てる。
名前を呼ぶと必ず返事をする子だが、その日は反応が無い。
私を見てはいるが力ない表情で横たわっている。
翌土曜日、全く食欲無くただ寝ているが、時々場所が変わってる
し、他の猫たちの愛撫を受けて穏やかな時もある。医者に連れて
行く必要を感じながら、その日はやることが多すぎて行けない。
しかし翌日は日曜なので病院は休みだし、今日連れて行かなけ
れば手遅れになるかも、と言う罪悪感にさいなまれながらもイベン
トの支度を優先させてしまった。ルパン頼む、日曜日を何とか頑
張ってくれ、月曜になったら点滴して貰えるからねと自分に言い
聞かせていた。
月曜の朝、ヨタヨタしながらも水を飲んだ。ルパン!治ったの?
淡い期待を抱きながら我が家の猫たちの主治医に出向き、点滴・
注射・飲み薬を貰ったが、火曜、水曜、全く変わらず食欲無しだ。
木曜日、いよいよ表情が消え入るようで・・・病気なのか寿命か?
13才4ヶ月、同じような年代の他の3匹は元気一杯で走り回るし
この子だけの突然の変貌に、いつも私を見つめていたルパンの
可愛らしさを思うに付け、駄目かも知れない・・・でも、もう一度
点滴をさせてみよう、後はこの子の生命力に任せよう、と思った。
かごに入れて病院に向かう間、涙が止まらない。
「黄疸が出てますね。」の医者の言葉で、別れは確実と思った。
が、しかし、次の言葉で考えは吹っ飛んだ。
「つい最近、黄疸と貧血の猫ちゃんが治りましたからね。」と言う
ではないか!そうか、治るんだ、だったら何でもやってくれ!
まず血液検査をし、結果が出るまでの間点滴、そして3本の注射。
どうやら原因は肝臓らしいが、「こう言う症状はエイズや白血病で
も同じ症状が出ますがもしそうならアウトです。どうします?検査
しますか?」たとえ陽性の結果が出たとしても治療はしてやりたい
ので、高い検査代を払うより治療にお金を掛けよう。
家に帰って籠から出すと、心なし表情が明るくなった気がする。
太鼓教室を終えて玄関を開けると、壁にもたれてこっちを見ている
ルパンがいた、良かった、まだ生きていた。
先月だったか、Facebookで猫好きの友人がやたら猫の写真を
出していたので、つい私も載せたが、それがルパンだった。
005

|

« 色んな仕事を同時進行。 | トップページ | ルパン 逝く・・・ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ああ、ルパン・・・:

« 色んな仕事を同時進行。 | トップページ | ルパン 逝く・・・ »