« あいちトリエンナーレ2013、始まり始まり! | トップページ | やはり料金は気になるのだ! »

私の隣人の話。

終戦の日、ひとまず墓参りは出来ないが、母の陣中見舞いとして
夕方出掛け、母としては、先日一緒に芝居を観たしご馳走になっ
たから、お盆は来ないと思ってたよ、と言い、多分そう思ってるだ
ろうなぁ・・・と思いつつ、仏壇の父と祖母に手を合わせてきた。
ま、短い時間ながらも、あれこれ話弾んだが、先日話した隣人の
庭を私が全部自分の庭としてやっちゃう話はどうなったか?と聞
かれたので、その後の経過を話してきた。
003_2

手前が私の家の南庭で、向こう側がお隣さん。何日もかかって、
伸び放題の雑草をひとまず刈った。サツキも、北庭のツツジも我
が家と両隣はすべて私一人で剪定、それも何年もずっと続けてき
た事は以前のブログで書いたが、それは好きでやってるから良い
のだが・・・
庭部分の雑草を、ただ毎月草取りするだけがむなしくなって来た。
002_2

少しずつ葵の花等を隣家の庭に移植し、ゆくゆく二軒の部屋前を
花で飾りたいと考えたのだが・・・だって、隣家の雑草刈ってる時も
隣人達は手伝おうともしないし、刈っても刈っても直ぐ雑草は生え
るし、町内清掃は時間が限られてるからほとんど残るし、と言う事
で一人で雑草取るだけが毎年繰り返されてきた。
で、私は決めた!
この隣人達がいつまでここに住まわれるかはしらねども、広~い
美しい庭にしちゃおうと
で、決めてから夕方4時過ぎ、日陰になってから草取りを始めたら
次第にベランダから隣の奥様が声を掛けて下さるようになった。
実はお隣さん、中国人ご夫妻なのだ。それも美女美男の。
ぼちぼち解ったことは、この奥様草取りアレルギーと言うか、日向
草取りすると赤いぼつぼつが出来て痒くなるそうな。
だから毎月の町内清掃には一度も出ず、ご主人だけがやってた。
いつも通る度、草取る姿を見て申し訳無いなぁと思ってたんです・
その花は何という名前ですか・その白い花、良い香りしますね・
クチナシと言うんですか・母はその白い花をちぎって耳にさします・
ヘチマって知ってますか・あっ、やっぱり年配の方は知ってるん
ですね・中国ではいまでもヘチマは夏の健康食として一杯食べる
けどどこにも売ってないのです・ゴーヤが身体に良いからと作る
けど主人は食べてくれないのです・ほうれん草の5倍の栄養が
ある○△(名前忘れちゃった)見つけて嬉しかったです・・・・・・
ここを好きな様に庭にして下さいと言われて、私は燃えているの
だが、いかんせんこの猛暑、植えても枯れるかも?
ゆっくりじっくり庭師としては頑張るが、人間は会話をしなければ
解り合えないとしみじみ思う。
今、日本と中国が意見衝突している、何の役にも立たない私だが
お隣の中国人ご夫妻の庭をビューティフルにしてあげようと思う。

|

« あいちトリエンナーレ2013、始まり始まり! | トップページ | やはり料金は気になるのだ! »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の隣人の話。:

« あいちトリエンナーレ2013、始まり始まり! | トップページ | やはり料金は気になるのだ! »