« 世界に羽ばたく「ゆめみトランク」! | トップページ | 私の隣人の話。 »

あいちトリエンナーレ2013、始まり始まり!

あいちトリエンナーレ2013が始まったが、10日の初日は母をバス
停で見送り、テレビ塔前を通ったら、
003_2

「生きる喜び」とライトアップされた文字が印象的だったが、今日
芸文に行く通路にこの文字がそこかしこにに貼られ、オノ・ヨーコ
作らしいが、うん、私は今まさしく生きる喜びに満ち溢れておるぞ
と確信しつつ、3時からの芝居を観た。
011_2

地下2階に展示されてる、サン・チャイルドNO2。
傷つきながらも顔を上げ放射能防護ヘルメットを脱ぎ、右手に
小さな希望の太陽を持つ。
放射能汚染・原子力の無い世界に生きる未来の像。
トリエンナーレ2013の前売りチケット1400円はどの会場にも、これ
1枚で入れる優れ物だが、パフォーミングアーツは別料金なので、
今日の芝居、劇団ままごとの「日本の大人」は前売り3000円購入
したものだ。ままごとの主宰者・柴幸夫氏は今年の劇王で優勝、
劇天になった戯作者だが、そこで初めて彼の芝居を観て大ファン
になり、今日も面白く、笑えて笑えて、そして考えさせられて、最後
には涙が出ると言う、幸せなひとときを過ごした
018_2

大人と子供の違いって?  考えさせられたよ。
10月27日までのトリエンナーレ開催中、オペラ・クラシック・バレイ
ダンス等の世界名だたるメンバーのパフォーミングアーツがある
が、いずれも料金がべらぼうに高い。 ほとんど1万円以上だ・・・
豊富な財源があればどれも観たい物だが、私としては今までも、
1ヶ月に幾つも観るので、料金の上限を3000円と決めている。
ところが帰りに、和楽器で構成されたオーケストラ演奏が18日に
大ホールであると言うチラシがあった。S席4800円なり。
その昔、鬼太鼓座のDVDでいつも観ていた井上兄弟が発起人で
和太鼓・三味線・箏・笛・尺八・鳴り物の和楽器のアンサンブル。
ああどうしよう、最近の猛暑で自転車では来れないから交通費も
かかるし、でもこれは観るべきかな?と心でブツブツ言いながら、
オアシス21の下を通ると、
015_2

新感覚・リアルロールプレイングゲームとあったが、何が新感覚だ
娘達が小学生の頃、あちこちに迷路ゲーム成る物があったなぁ、
と思い出した。
いつの間にやら消えてしまったが、じっとしたまま一人で目と指だ
けでやるゲームよりは、友達と一緒に行動出来てよっぽど素敵だ
とは思ったよ。

|

« 世界に羽ばたく「ゆめみトランク」! | トップページ | 私の隣人の話。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あいちトリエンナーレ2013、始まり始まり!:

« 世界に羽ばたく「ゆめみトランク」! | トップページ | 私の隣人の話。 »