« 違う機器による骨量測定。 | トップページ | 世界に羽ばたく「ゆめみトランク」! »

説教節は滑舌が必要だ!

10日土曜日、午後2時から損保ジャパン人形劇場ひまわりホール
で、teamKANOKOKのメンバーの一人つっちーが出演する舞台を
観た。余りの猛暑だし、母と待ち合わせなので心配するだろうから
電車で出掛けた。
008_2

超人形+群読+打楽器による説教節小栗判官より「繪傳をぐり」
何ともまあ芸術性豊かな、おどろおどろした世界観で面白かった。
最高の演出方法で、打楽器をどう取り入れるのか興味津々だった
けど、今後のすご~い参考になったなぁ
帰りのエレベーターで爽やか青年と知り合い、栄までの道のり、
芝居談義に花咲かせたが、彼はその後仕事、私と母は食事へと
別れたが、彼の仕事とはネットテレビパーソナリティ松田順平氏。
略してMJ!  webtv M’S Junction
今朝検索したら、名古屋の若手芝居関係者をゲストに迎えての
月1回の演劇情報番組だった。で、昨日夜が生番組だったようで
ふーん、色んな仕事があるものね

|

« 違う機器による骨量測定。 | トップページ | 世界に羽ばたく「ゆめみトランク」! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 説教節は滑舌が必要だ!:

« 違う機器による骨量測定。 | トップページ | 世界に羽ばたく「ゆめみトランク」! »