« 初めて行った池下シアタームーン。 | トップページ | 国宝松本城太鼓まつりの旅記録その1。 »

自転車はやっぱり要注意だ!

明日は選挙!   いやだいやだ、あの気味が悪いまでの自信に
溢れた首相の党が圧勝するなんて絶対嫌だ
戦争に繋がる憲法改悪には断固反対だ

さて、本日は今一番好きな劇団オイスターズを観に大須七ツ寺
共同スタジオに出掛けた。14時開演なので12時には出ようと思
ったら30分過ぎてしまった。今まで1時間20分は掛かってるの
で、ちょっと急がねば。坊主頭の高校生二人が信号待ちしてる所
たまたま青になったので止まらず彼等を抜く形で横をすり抜けた。
そこからは、なだらかな上り坂だが歩道としては狭い。
私の左側をすれすれに、ホントにぶつかりそうな勢いでベルも鳴
らさず一人、続いてもう一人スタンディングで追い抜いて行った。
わぁ、びっくりした!狭い道だから抜くならベル鳴らしてよねっ
年寄り女に抜かれたのがよほど気に入らなかったとみえる。
しかしこんな坂道程度でスタンディングもあるまいに、私もムキに
なり、フン、追いついてやるわいと、かなり前傾姿勢で走り、追い
つく寸前で二人は左折して行った。フン!
1時間で着いたが、最近大須界隈は良く行くので、近道も解り走
り安い道も覚えたので時間短縮効果有りなのだ。
005_2

平塚直隆氏の脚本演出で、相変わらず面白く、実にアイデアの
奇抜さと言葉遊びの妙に酔いしれる事が出来た。
で、当然アフタートーク有りだが、今回のゲストは「少年王者館」の
劇作家・演出家の天野天街氏なのだ。平塚氏は立て続けに脚本
演出で沢山の賞を獲得しているが、キャリアは浅い。
それに引き替え天野氏は小劇場ブームの初めから活躍している
超ベテラン!    トークは緊張した平塚氏の可愛い面が出て、
それはそれで面白かった。
さて、初めて入ったコメ兵なるビルでぶらつき、帰り道での出来事。
行きは急ぐが、帰りはいつものんびり自転車をこぐ習わしだが、
急いでいるらしい少年が私の左をすいっと行った。歩道としては
広い方だったのでどうって事無かったが、左にレストラン・駐車場
があり、車道から歩道横断で車が入る危険な場所だ。
丁度少年が私の10㍍程先に居て、そこに何とノンストップで車が
歩道に乗り上げて来たのだ。「危ないっ
めちゃくちゃ大声で叫んでしまった。
バカな運転手の急ブレーキで少年とニアミス、少年も咄嗟にちょい
左に寄り、そのまま何事も無かったかの様に自転車を走らす。
「ボクー!大丈夫?君は悪くない、悪いのは車だからね!ホント
に大丈夫なの?」   「大丈夫です!」振り向きざま答える少年。
私ともう一人若い女性がその場に居合わせ、二人して「何て車よ
危ないわねぇ、降りても来ないよ!」と怒り、よっぽど運転席に
怒鳴ってやろうかと思ったが、少年が大丈夫だと言って行っちゃ
ったので、ま、良いかと、信号待ちしてる少年に追いつき、
「ホントに何とも無いの?擦り傷になって無い?」「大丈夫です。」
私を見てにっこり笑うその顔は、小学5年か6年生か?
左折してくる車にはホントに気を付けてるが、しかし、あの少年が
私だったら、ガッシャーンで身体はボンネットに投げ出されるか?
いや、やっぱり左側にバタンだろうなぁ・・・

|

« 初めて行った池下シアタームーン。 | トップページ | 国宝松本城太鼓まつりの旅記録その1。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車はやっぱり要注意だ!:

« 初めて行った池下シアタームーン。 | トップページ | 国宝松本城太鼓まつりの旅記録その1。 »