« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年の維摩池キャンドルナイト

21日の維摩池キャンドルナイトで2回の演奏。
さくらまつりと同じくめちゃ寒で、雨上がりの芝生のため膝をつくと浸
みてくるし、何しろ強風なので音が流れるから、普段より大声を張り
上げるし強く打ち込むわで、腱鞘炎になるんじゃないかと思った。
だが、皆愚痴もこぼさず、精一杯打ち込んでくれてたね。
どんな状況だろうと思いっきり演奏する姿勢に、尾張旭童太鼓の
すがすがしさを頼もしく感じたよ片付けも手際良かったし。
弾打・組太鼓「巴」
006_2

ぶち合わせ太鼓
029_2

031_2

082_2

うすずみ太鼓
088_2

036_2

040_2

宇治川太鼓
064_2

八丈&荒波
070_2

三宅島太鼓
043_2

044_2

天地
052_2

055_2

疾風
101_2

暗くなってキャンドルが点る頃、仲間は誰もいなかったが、学生達
のアカペラコンサートの繋ぎの司会を震えながら済ませ、観光協会
の皆さんがまだ頑張っていらっしゃったが今回はお先に失礼させて
頂き、冷え切った身体を風呂で温め、体中に湿布を貼って就寝した
が、今朝、さほどダメージが無く一安心で仕事に向かった次第。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

太鼓演奏会どんと来い!

仕事帰り、家のポストに何やら大きな封筒が入っているのを見て、
あっ、ひょっとして、松本からの返事かな?と期待を持って開けると
やったぁ国宝松本城太鼓祭りオーディション合格
今年の初め、まつり工房からのお便りに入っていた太鼓演奏会の
出演団体募集要項を上級教室に持参、
002_2

その日は参加者が少なかったけど、二人が賛成、ま、兎に角送っ
てみようか?と演奏のDVDを3曲に構成し送付、二日間の演奏な
ので当然宿泊費もかかるし、何人参加してくれるか解らないけど、
尾張旭童太鼓の歴史として、3度目の泊まり演奏会が出来そう

このところ1ヶ月2回の演奏会リズムに恵まれ、充実してるのだぁ
4月は7日のさくらまつりが終わり、次回は21日の日曜日維摩池
キャンドルナイトにて、3時30分からと4時30分からの2回演奏、
しかしお天気がちょと心配、完全な屋外なので雨天中止だし・・・
5月11日(土)名東区民まつりで10時から、西友高針店駐車場、
翌12日は維摩池で旭ランニングクラブのチャリティマラソンにて、
6月は9日(日)瀨戸若宮地区まつりで2回に分けて演奏をするし
22日(土)は犬山モンキーパークで11時30分と13時30分からの
30分ずつ演奏。
そして7月の国宝松本城太鼓祭り、27日28日と続くのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見事な母の藤棚。

昨日、母の自慢の藤棚を愛でて来た。
004_2_2

昨年は花付きが良くなかったらしいが、肥料をたっぷり施したお陰
で今年は実に見事な咲きっぷりだそうで、ま、自慢たらたら得意げ
で、とても嬉しそうだった。
ホントに84才の女手一つで庭をお守りするのは大変だけど、それ
が生き甲斐になってるし、健康の元。
今朝、開いたという深紅の牡丹、
006_2

藤も好きだけど、やはり牡丹を一緒に眺めたかった私としては運が
良かった。先週、皆を集めてお抹茶会を催したらしいが、その時点
では牡丹はまだ咲いてなかったようで、私の来る日に初開きの牡丹
何て可愛い事よ
008_2

手前にはピンクの牡丹、奥は白いだるま藤の棚が八分咲き。
母の点てたお抹茶と、ふ饅頭を戴き、しばしのくつろぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒さの中のさくらまつり

寒かったです、めちゃくちゃ寒かったです。
晴れたと思いきや、たちまち曇って、たまぁに雨がぱらつき風強く
しかし、演奏出来ましたねぇ
どんな条件であれ、演奏した後は本当にすがすがしく、充実感に
満たされるのです。
先回の栄久屋通り広場は、完全な屋外演奏なので、音が四方八方
に飛び散ってしまい、自分達の音で酔いしれるなんて出来ませんが
今回のさくらまつりは、いつも練習しているスカイワードの、イベント
ホールで屋根付きで三方が囲まれてるので、音が響いて心地良い
のです。
1時間のたっぷりの持ち時間、しかも太鼓の移動が無い様に構成
したので、合間のトークも余裕があり、後でホームビデオ見ても話が
ちゃんと聞こえるが、いつも時間に追われる強迫観念で早口早口、
自分でも何喋ってるのか解らない始末
初め出番の無い栄祐に、私のビデオカメラで撮って貰った中から、
ぶち合わせ太鼓。
009_2

うすずみ太鼓
019_2

022_2

侍&むげん
027_2

034_2

貫太の素晴らしい跳躍力最近私も飛び上がる努力すれどもこの
始末 何くそっ、65才からの飛び上がり目標立てて頑張るべ
036_2

まあ皆さん、ほんとに素敵よ跳べ!若人!何てビューティフル
しかし、こういった動画で跳んだ瞬間を捉えるのは結構難しいけど
栄祐やるじゃん、本人は難しいって言ってたけど、撮影上手いよ。
今回の演奏の出来はホントに素晴らしいものがありましたね、初級
教室のメンバーも笑顔で打てる子が沢山いたし、大きく伸び伸びと
演奏してた。心から感心したのは屋台囃子の玉入れ部分。
やっぱり年数だなぁ、音が一つになってた、上手くなったなぁ・・・
演奏後、それぞれにテントの食べ物をほおばりながら、ローカル・
ヒーローショー、キッズダンス、ジャズ演奏を楽しみました。
042_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒例さくらまつり

4月7日の日曜日、尾張旭市のさくらまつりで、午後1時40分から
約1時間の演奏をする予定なのだが、天気予報では土日の二日間
大荒れになると言う。
しかし私の予報では、今日土曜日から夜中に掛けて降り続け、明日
朝には止むはずなのである。
ところが本日、風は最初強かったものの大して降っておらず、今日
降るべき雨量が明日に持ち越されるのか?そんなの嫌だなぁ・・・
我が団体のメンバーで舞台デビューしていない子が三人いて、明日
いよいよデビュー出来ると喜んでいるのに
003_2

誰もが認める晴れ女の私だが・・・
お~何とかなってくれ、パワー全開

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニシアターが好きです。

昨夕、名演小劇場にて映画鑑賞、「八月の鯨」
毎月1日は映画の日で1000円なのだ。
淀川長治氏の強い激しい推薦文つきのこの映画、1988年に岩波
ホールで上映され、ほとんど中高年の観客だったのが口コミで若者
にも好まれ、しかし圧倒的に女性客が多かったと言う。001_2

待合室に掲示されてる新聞記事によると、岩波ホール20周年の
企画として支配人の高野悦子さんが、ご自分の母親を偲んで上映
に踏み切ったが、老人しか出演してないので多くの反対があった。
丁度その頃から、老いの問題が取り上げられてて、多くの女性が
かくありたいとの願望でロングランになったと言う。
で、この度岩波ホール創立45周年の企画としてニュープリントの
フィルムで上映、日本全国のミニシアターを順次まわる。
しかし私は、自分の老後の理想像とはとても思えなかった。
だって・・・毎年8月に鯨が現れる岬の別荘に訪れる彼女達は相当
な資産家のはずだし、毎年結婚記念日には、戦死した夫の写真を
前にドレスアップし、ワインを傾けレコードをかけ微笑みかける・・・

思い出も大事にしたいが、わたしゃ死ぬまで新しい事に挑戦し続け
る年寄りになりたい
この映画は老後がどうとかでは無く、単純に素晴らしきハリウッドの
往年の大スター達へのオマージュとして観れば良い。
主役のベティ・デイビス79才、リリアン・ギッシュ91才、脇を固める
役者は78才、76才、66才の、この素晴らしきオールド美
淀川長治さんみたいに、リアルタイムで彼女達の活躍していた若い
頃の映画を観た訳ではないので、彼程に感動出来ないのが残念。
さぞかし、今頃天国では淀川さん、大勢の美女スター達に囲まれて
幸せ一杯なんだろうなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロレスと言う大変な仕事は・・・

4月になった、年度が変わった、今月一杯で私は退職
長久手文化の家で、衛紀生さんの講演「幸福を感じるまちづくり論」
を受講したのが一昨日の夕方、昨日は栄で娘さくらのプロレスOZ
興業参戦を観たが、彼女は夜の大阪の興業も出るので第1試合で
尾崎さんとお笑いプレイの後、さっさと大阪に出発。
メインで春日井出身の、ガイア時代のさくらの2年先輩の加藤園子
選手の試合を応援したのだが、相手の違反道具の椅子攻撃でボコ
ボコにされ酷い目にあってる。、私は最近ウェイブ興業ばかりで、
激しいOZ興業はほんとに久しぶりだったので、ここまでやられてる
園子選手を知らなかった。
お母さんを初め、お姉さんもいとこ達もいらっしゃってるけど、つらい
だろうなぁ、観てられないだろうなぁ・・・と思う。
帰り際、ご家族にお会いしたけど、お姉さん涙にくれてて、お母さん
も、もう辞めればよいのにまだやるって言うんですよ・・・と仰る。
世の中の仕事には色んなジャンルがあって、プロレスって不可思議
な職業だと思う。こうやってやられてやられて、でもずっと応援する
人達がいて、派手にやり返した時にファンは狂喜乱舞し元気を貰う、
それがショースポーツの良さなのだが、家族はたまらない。
私も、さくらがプロレスデビューしてずっとリング上でやられて負けて
のびてる姿を見続け、観るのが辛かった。
行きたくないなぁ、と言う私に、次女明日花「行かなきゃ良いじゃん」
の言葉を聞いても、京都・大阪・東京と出掛けて行った。
それは何故か!もしリングで事故で死んだら、死の瞬間を知らない
母親にはなりたくなかったからだ。
実際、少数ではあるが試合の事故死はある。
今でこそタレントとしてテレビでバラエティ番組に出てる北斗晶さん、
デンジャラスクィーンとして数々の超危険な試合をこなした方だが、
ある番組で北斗さんのお母さんのインタビューがあって、「一度も
試合は見たことない、娘が好きで選んだ仕事でも私はようみれん」
と仰ってた。
さくらはやがて方向転換し、お笑いレスラーとしてかなりの確立した
世界を構築していき、私は気楽に笑いに行くだけになったのだぁ
それもこれも、諸先輩のお陰である事は言うまでもない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »