« 本来の姿に育った皇帝ダリア君! | トップページ | 老化は着実にやってくる!? »

映画は何て素晴らしい!

8日に色んなカテゴリー別に5件コメントを下さった「にゃお様」 誰?
と詮索しましたが、演奏会にいて紅茶フェスティバルも雨でご苦労
さんと書いてあるから友人じゃなし、先生とくるから団員の誰かだよ
ね・・・最近猫を拾って可愛さが解ったって言ってた「原ぽん」に違い
ないまとめてコメント有り難う。
しかしフランス映画はポンヌフの恋人とトリコロールしか観てないそう
だけど十分でしょその二つは1990年代フランス映画の代表だよ。
まさかコメントでこれらの映画の題名にお目にかかるとは予想外で、
ぐわぁ~と映画話がしたくなった。
以前、娘さくらがプロレス団体ガイア・ジャパンに所属してた頃は、
G-PANIC!と言う番組にいつも出てたのでケープルテレビを契約し
ついでにWOWOWの映画をたっぷりダビングしたのです。
その頃はビデオテープだったので、まあ保管場所が大変で、壁に棚
を手作りしてこんなんですよ。私の居間兼寝室には、
001_2

002_2

そして隣の部屋は、
003_2

で、気に入ったのはDVDにダビングして小さく収納してますが、
004_2

だからと言ってビデオテープは捨てられません。

私はフランスだけではなくヨーロッパ映画が好きなんです。
アメリカ映画も面白いのはあるけど、最近特に残酷と言うかおどろ
おどろしいのが多く、しかも軽すぎるのがちょっと・・・
で、「ポンヌフの恋人」レオス・カラックス脚本・監督作品。
何回観たことか、ジュリエット・ビノシュ、可愛らしい大女優ですね。
トリコロール3部作はフランスとポーランド合作ですが、脚本・監督
クシシュトフ・キェシロフスキ、舌を噛みそうな名前ですが実に芸術
とはこれだなって思いますよ。「青の愛」「白の愛」「赤の愛」自由・
平等・博愛の精神を根底にそれぞれが皆素晴らしいけど、一番好
きなのはジュリエット・ビノシュ主演の「青の愛」ですね。
遺作を他の監督が制作した「HEAVEN」、レンタルして観ましたが
実に感動ものです。やはり脚本が良いモン!
ケイト・ブランシェット主演。
古きフランス映画で好きなのは勿論、マルセル・カルネ監督の
「天井桟敷の人々」

スペイン映画で大好きなのはペドロ・アルモドバル監督の
「オール・アバウト・マイ・マザー」と「トーク・トゥ・ハー」
もう~渋くてしびれます。

ベルギー映画はジャコ・ヴァン・ドルマル脚本・監督の
「トト・ザ・ヒーロー」「八日目」
あっ、いかん、こんなん書き始めたらきりがない、もう寝る

|

« 本来の姿に育った皇帝ダリア君! | トップページ | 老化は着実にやってくる!? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画は何て素晴らしい!:

« 本来の姿に育った皇帝ダリア君! | トップページ | 老化は着実にやってくる!? »