« 大好きな百合が咲き始めました。 | トップページ | まさかの復活ダリアです。 »

宮沢賢治がらみで芝居見物。

二日連続の雨の仕事はしんどいなぁと思ってたら、スタートして直ぐ
止んでくれました。やれやれ有り難い。
早番ではあったけどこんなにも早く帰って良いのかと言う時間で、
昨日電話予約しておいた劇団 PAO COMPANY の名古屋公演
に出掛けました。
初めて観劇する団体ですが、各ステージ限定35席で料金1000円
にまず興味を持ち、次に作・演出の田井順子さんの挨拶文を読み
たまたま最近読んだ本(NHKテレビテキスト 100分de名著 銀河
鉄道の夜)と共通の、宮沢賢治と東北大震災との関わりがテーマ
だったので、どうまとめてあるのか知りたかったのです。
劇場は、「ND HOUSE」と言う名古屋市萱場町にある小さな会場で、
二人芝居に適した素敵な雰囲気の処でした。
40分の上演時間でしたが、初めての種類の感動を味わいました。
第10回シアターΧ国際舞台芸術祭2012参加作品で、21日には
東京で公演するとの事。
見終わって暫く歩いたのですが、いかん!会場の写真だけでも!
と引き返すと、何やら記念撮影の真っ最中。
どさくさ紛れに許可を頂いてちゃっかり撮影しましたが、
007_2

カメラ構えながら「皆さんスタッフの方達ですか?」と尋ねた返事が
「いえ、田井先生の生徒さん達です。」だったので、私としては「?」
順子さんの?順三さんの?なので帰宅後ネットで、劇団検索。
もっと早く「PAO COMPANY」を知っていたかった

|

« 大好きな百合が咲き始めました。 | トップページ | まさかの復活ダリアです。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治がらみで芝居見物。:

« 大好きな百合が咲き始めました。 | トップページ | まさかの復活ダリアです。 »