« 私、岡崎生まれです。 | トップページ | これからさくらの芝居見物です。 »

尾張旭市のバス旅行

昨日8日の金曜日、尾張旭市主催のお出掛けウォーキングに参加
して来ました。行き先は古代東山道「園原の里」昼神温泉郷。
1時間半のバスで到着、市のスポーツ推進委員の皆さんにによる
準備体操の後、なだらかな上り坂を早足・遅足チームに分かれ、002_2

003_2

しばらく行くと、
004_2

往きは右側の舗装道路を使い神坂神社に到着。
012_2

樹齢2000年以上の日本杉で、もともと二本だったのが明治25年
暴風雨で倒れ、この木も倒れないように上部に補強工夫が施され
てましたね。この神社の直ぐ左にあるのが、
016_2

ここから富士見台高原山頂まで徒歩3時間だけど今は通行止めに
なっており、しかし地元ボランティアガイドさん曰く「足に自信ある人
は2分位ダッシュでちょっとだけ行きましょう!」
勿論私もそれっとばかりに登り始めると、何やら後方で叫び声。
職員さん達が「いけません!駄目です!」と言う事でした。
ここに来る少し前にも、ははき木の跡地に登る横道があり、
009_2

ガイドさんが、帰りに時間があったら登りましょうと仰ってて、私も
以前に行った熊野古道によく似てるなぁ、是非登りたいもんだと思っ
たのですがこれも今回は不許可になり、「今日の役人は厳しいな。」
と呟く熱血・情熱ガイドさんでした。ま、安全第1ですからね。
下りは遊歩道を通り、滝見台。
007_2

どんな滝を見るかと言うと、
020_2

夕暮れになるとほの白くみえるロマンチックな「暮白の滝」
この滝見台には1個100円の皿が用意されており願い事を書いて
滝に向かって投げるとかなうらしく、又、皿の落ち方で占いが出来、
右に大きく曲がれば金運上昇、小さく曲がれば好機到来、まっすぐ
舞い落ちれば諸事順調、私のは大きく左に曲がって人望上昇だっ
てさ。
006_2

咲いてるところが観たかったな・・・
005_2

天台宗開祖、伝教大師最澄の創建と伝えられる古刹。
023_2

そして説明して下さった比丘尼様。
024_2

スタート地点に戻り、
001_2

おからを出さない豆腐の製造販売してる門前屋の店内で飼ってる
と言うより祀られている白蛇を見ました。
頭小っちゃくて、目が赤く、とっても可愛い白蛇ちゃん。
これが撮影禁止なんだなぁ・・・残念と思ったら外で蛇に遭遇。
032_2

小豆蛇と言うらしいが、普段仕事中蛇に遭遇すると叫んでしまうけど
何故かここでは可愛いと思える不思議さ。
尾張旭市の保養センター「尾張あさひ苑」で昼食。
036_2

その後、温泉にたっぷりつかって2500円の参加費。

|

« 私、岡崎生まれです。 | トップページ | これからさくらの芝居見物です。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾張旭市のバス旅行:

« 私、岡崎生まれです。 | トップページ | これからさくらの芝居見物です。 »