« さくら遅めのバースデーイベント | トップページ | 劇団B級遊撃隊 »

かぎろい号で行く飛鳥大和巡り。

バス旅行で利用しているクラブツーリズムが、専用電車の旅を始め
たらしいので早速行って来ました。
001_2

これが「かぎろい号」で名古屋近鉄改札口7時集合・中はこんなに
お洒落でゆったり。
002_2_2

大和三山の一つ耳成(みみなし)山から八木西口駅までの7㌔を
約5時間の自由ハイキングコースなのです。
耳成山をぐるりと緩やかに登り、8合目辺りの耳成山口神社。
004_2

8匹の猫がいましたが神主さん達が飼ってるんでしょうかね?
私ン家の「じじ」に似た黒猫と娘さくらの飼ってる「トロ」にそっくりな
2匹もいて、黒猫に「あんた、家のじじに似てるね。」と声を掛けると
「みゃ~」と答えてくれました。「でも、あんたの方が、デブだね。」
やっぱり「みゃ~」でした、何て可愛い
帰りは違う道で下りました。
005_2

昭和56年と明記された献灯が、ずらり並んだ細い参道を降りると、
007_2

そこから暫く歩くと橿原町に出、飛鳥川に架かる蘇武橋を渡ると
そこが歴史の町・今井町です。
036_2_2

渡った先のこの木は、樹齢420年・高さ15㍍の景観重要樹木の
「エノキ」です。
ここから重要伝統的建造物群保存地区となり、江戸時代なのだ
024_2
今井町は、この称念寺の境内地として発達した寺内町で、360年
前に建てられた今西家。
022_2

くぐり戸を入ると、
019_2

保存の為にすべて有料で、400円払うと解説がつきます。
016_2

これが正面。ここは武家で、御家老様の住居兼裁きの場なのです。
014_2

白状しない者ははしごの上の窓のない部屋に入れられ、左が男、
右が女で、閉じ込められて燻されるのです。そして白状した者は、
別の檻に入れられたそうですが、その檻は、地震で倒壊。
燻すため、御家老達の住まいと遮断するするために雨戸が造られ
閉めると自動ロックになると言う。凄い知恵ですね。
018_2

これが雨戸で長年の燻した煙で色彩の抜けた絵が見えます。
そして高い天井の梁。
015_2

解りますかね?奥の2本が360年前のままで、手前のが50年前に
修復された梁ですが、新しい方が既にひび割れているのです。
昔の材木は川を使って運ばれてるので水に漬かって身が締まり、
尚かつ、燻されたことにより、ますます頑強になったのですね。
そして、普通は太い柱があってその上に直角に梁を張るのですが、
ここにその太い柱は無いのです!
世界各国から建築家が見学に来られるらしく、「この家を見ずして、
建築を語る無かれですよ。」って、超美人の解説者が誇らしげに
仰ってました。
時代を感ずる街並み。
025_2

027_2_2

で、ここを世界遺産に登録しようと動いているらしく、商売をされる
方も店の作りにこだわりがあって、とても面白い。いくつか紹介。
まず、これは喫茶店。
028_2

そして生け花教室。
030_2

これは理髪店。
031_2

そして何と歯医者さんまで。
032_2

町の皆さん一生懸命です、世界遺産に登録されると良いですね。

|

« さくら遅めのバースデーイベント | トップページ | 劇団B級遊撃隊 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かぎろい号で行く飛鳥大和巡り。:

« さくら遅めのバースデーイベント | トップページ | 劇団B級遊撃隊 »