« 明日は大阪日帰り旅。 | トップページ | ピカソを超えた男、ジャクソン・ポロック »

岸田劉生・動物園コース。

何故わざわざ大阪まで岸田劉生展を観に行ったのか?
随分前ですが、テレビドラマの中で「麗子像」が出て、そのドラマが
大好きなので「麗子像」に興味を持った・・・のですよ。
昭和62年度の向田邦子賞受賞作「麗子の足」。
寺内小春の脚本が受賞したのですが、大好きな向田邦子さんの
原案により、大好きな女優田中裕子主演で、大好きな久世光彦氏
演出による大好きずくめのドラマでした。
舞台は昭和10年後半から翌年の2.26事件までで、ドラマのもつ
雰囲気と「麗子像」のねっとりした朱色がマッチしてたのですが、
今回の展覧会ですこーし解った気がします。
岸田劉生初期の作品は明らかにピカソ・ゴッホの影響が見て取れ、
セザンヌの影響も経てやがて自己の確立である沢山の「麗子像」
があるのですが彼のコメントにある「東洋美には野卑な美がある」
との言葉で納得。日本の美ではなく東洋の美。
002_2

麗子さん御自身の父に対するコメントが色んな絵に添えられて、
実に面白かったですね。

24年前のこのドラマはビデオテープなので、DVDにダビングしな
がらブログ書いてますが、田中裕子さんの演技が、たまらない

さて岸田劉生の世界を出た後、同じ天王寺公園内の動物園へ。
005_2

023_2

025_2

あと2日で生後1ヶ月の可愛い赤ちゃんですが、檻にピントがあう
ので巧く撮れません。
飼育係が餌をやりながらクロサイの説明をしてます。
038_2

こびとマングース、可愛いです。
040_2

カメラ目線をとらえました。
042_2

ヒョウの「ヒョン君」です。まだ幼いらしく、「動く物に反応するよ。」と
スタッフのおじさんに勧められ、旅仲間が指を回すと
043_2

で、私も激しく手を振ってみたら、「ヒョン君」とっとこ走ってきて、ドン
とガラスに鼻をぶつけたのです。
045_2

きゃっごめん「ヒョン君」、でも、なんて可愛い
おじさん曰く、「子供だから可愛い目をしてるでしょ、でもだんだん
目がつり上がってくるんだよ。」ですって。

大阪はたこ焼きだろうって事で目的の一つでもあったので探し
たのですが意外や意外、たこ焼き屋が無い
至る所にたこ焼きの看板があると思ってたのですが、あるのはくし
焼きばかりなのです。それも、立ち呑みのくし焼き屋が多い。
30分以上歩き回ってようやくみつけました。
050_2

私の食べたのは4種のタレのかかった「おおいり」。
051_2

私の地元のたこ焼きは、うどん粉が多く、ま、お団子風ですがこの
店のは、丸ごと頬張って死ぬかと思った
熱い中がクリーム状でとろーりと熱々が出て来て、どうすべえ熱
すぎて飲み込めない!出すわけにも行かずビールを飲んでさまし
それからは二つに切って食べました。
帰りの近鉄アーバンライナー2時間かかるので、缶チューハイの摘
みにもう一つ明太チーズかけをお持ち帰りし、程よく冷めて旨し。052_2


|

« 明日は大阪日帰り旅。 | トップページ | ピカソを超えた男、ジャクソン・ポロック »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岸田劉生・動物園コース。:

« 明日は大阪日帰り旅。 | トップページ | ピカソを超えた男、ジャクソン・ポロック »