« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

日帰りバスツアー

一昨日、半田市観光協会の視察バスツアーに参加してきました。
観光協会と言っても様々で、お隣の瀬戸市のようにたっぷり市から
補助金の下りる組織もあれば、我等尾張旭市のように、ちょっぴり
の補助金しかなく、会員数もまだまだ少なく、しかし情熱たっぷりの
事務局・役員達により、尾張旭市を広く知らしめる努力を怠らない
愛すべき観光協会もあるのですよ。
で、平成18年半田市役所内から民間に移行し、大変な企画努力
により素晴らしい事業展開をし、昨年はNPO法人の認証を得たと
言う、半田市観光協会の苦労話を伺ったのです。
001_2

まず、これが事務所です。
国登録有形文化財小栗家の住宅の一部を借りて観光案内所も
兼ねてるそうで、奥は小栗家の方達が実際に住んでいらっしゃる
そうですが、何とも由緒・伝統・風格ある建物なんでしょう。
002_2

この2階で事務局長の松見女史から大変有意義なお話を伺った後
近辺を散策。
003_2

運河沿いでは
004_2

005_2

006_2

歴史と文化のまち半田市を詳しく紹介している立派な観光ガイドも
あり、感心しながら新美南吉記念館近くの黒牛の里でランチです。
007_2

早速一切れ食べてから、しまった!写真撮り忘れた!
と言う事で右側の肉はホントは三切れあります。
う~ん、旨し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風15号の爪痕。

先週は台風15号のおかげで職場はクローズとなり、営業再開する
もキャンセル続出のため、我等定年組は1週間近く仕事無し!
ま、ちょうど23日は合同還暦祝賀会を兼ねた「さぱー市子」の38
周年があったので、仕事お休みで良かったんだけどね。
東京とか中津川とか遠方から来てくれる友人達のために、帰りの
電車の都合があるからと言う訳で、午後3時開始の呑み会
かなり久しぶりの友も何人かいて、楽しいひとときでした。

さて本日1週間ぶりに職場に行ってびっくり
台風15号の爪痕がまざまざと目に飛び込んできました。
従業員用の駐車場に車を留めて出た途端、いつも目にする
東アウトコースのでっかい池に水が無いなんで
あんなに一杯雨が降ったのに何故に池が干上がるのだ
013_2

この池は小さなダムでせき止められていてその上が橋状態の道路
で、そこを乗用カートが通るのですが、それが無い、陥没してる。
恐恐近寄ると
011_2

そしてそこには一羽のサギが・・・
020_2

しかし朝の慌ただしい出勤時に、こんなにのんびり写真撮った訳
では無いですよ。
ひとまず仕事を終えてから家にデジカメを取りに帰って急ぎ戻って
撮影したものです。
ここには1メートル以上の鯉が一杯いたのですが何処行っちゃっ
たんでしょう。鯉は泥に潜ると言われますが、決壊させた水の勢い
で多くは川に流れて行ったんでしょうね。
亀も一杯甲羅干ししてたし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の本当の復活!

一昨日の水曜日、店のお客さんから「水曜日、店開けてよ。」との
要望があり、母は7ヶ月ぶりに一人で水曜営業をしたのです。

それを聞いて、もう大丈夫、体力もやる気も戻った母に万歳三唱
元通りに母一人でやって行けます。毎日やるのは無理でしょうが、
ま、水曜・金曜の週二日営業は出来ると思います。

実は台風の翌日から私は喉痛と微熱が続き体調すこぶる不調。
仕事は出たり休んだり、でも太鼓教室は3日間開催。だって太鼓
を一杯積んだ車をひとまず運ばにゃならないしね。
7ヶ月間、キャディ業務をしながら月・火・水・木と太鼓をやりぃの
金曜は飲み屋を営業やりぃの、土曜は二日酔いで頭パッパラパ。
これをずっと続けながら創立18周年公演も成功させぃのとハード
な日々を過ごしたので、季節の変わり目に疲れが出たのでしょう。

で、昨日の時点でまだ咳が出る、痰は出る、鼻はずるずるなので
明日は出れない、その後も出ないよと電話したのですが、初めは
ぶつぶつ言ってたものの、「よし!昔通りお客さんに手伝って貰い
ながらやるか」と前向き発言。そうだ、そのいき、その調子!

私はあくまでも母が一人でやれるまでの繋ぎの手伝いなんだし!

23日の金曜日は祝日ですが、合同還暦祝賀会を兼ねた開店38
周年を開催するので、この日は勿論手伝いに行きますよ
しかも午後3時にオープンです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンブラント観て来ました。

8月の最終日、ゴルフ場は予約が少ないため私はお休み、なので
気になっていたレンブラントを観に名古屋市美術館にでかけ、
たっぷり4時間近く館内におりましたよ。
混んでましたが、皆整然と1列になってゆっくりゆっくり進んでいく訳
で・・・私、ちょっとイライラでしたが。
001_2

私のレンブラントへの知識は、「夜警」に代表される様に光と影を
追求した画家だと言う事だけでありまして、多くの版画を残している
なんて全く知りませんでした。
入り口からしばらくの間、「黒い版画」と題された作品が並んでいて
横に説明文があるのですが、美術品保護のため照明が暗いので
老眼なのに眼鏡を持たない主義の私としては大変見づらく、目を
細めて顔を近づけ、必死に見ましたね、ちょいと目が疲れたわい。

棟方志功とフェルメールの時は、踵の高いサンダルのため足が痛
くなったので、今回は運動靴にしました。
おかげで、何の痛みもなくたっぷり3時間以上も鑑賞出来ましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »