« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

マイバースデー・・・何ちゃって!

本日で私、63才になりました。
とても爽やかなお天気の中、素敵なお客様にも恵まれ、完璧に
キャディ業務をこなしました。自分で言うのも何ですが・・・ヒヒヒヒ

昨日の太鼓練習で団員の高校生の女子から誕生日プレゼント
として、芋焼酎「魔界への誘い」を貰いました。
魔界への誘い何て素敵なネーミングでしょう。
しかし、高校生のおなごから酒をプレゼントして貰うのも何ですが、
彼女は私のブログを読んでくれてるので、私が自宅では専ら焼酎
なのを知っているのでしょう。有り難う晶ちゃん

最近の金曜日は母の店「サパー市子」を営業しているのですが、
母は祭日は休みにしてたので、留守を預かる身として母のやり方
にしました。昨年はブログにも書いたように、バースデーライブを
やったのですが、今は何となく遠慮して休店にし、時間が空いた分
5月3日のフルーツパーク演奏会のために、伸びすぎた根本黒髪
部分をブリーチして金髪にするため美容院に行きました。
その間、友人達からお目出度うメールを沢山頂きました。
有り難う、有り難う、皆々様。
そして洗髪にかかった頃、「誕生日だからやるかと思って、今、店
の前にいるよ。」と電話があったのです。
あちゃあ~ごめん、ごめん、ごめん・・・・
美容院を出たとたん、プレゼントが届いてるよとの母からの電話で
直ぐ母の家に車をぶっ飛ばしました。
40年来の友人ですが、とても器用な人で、今日も、全面にいちごを
たっぷり敷き詰めたタルトケーキとたくさんの赤飯、しかも手作り
何たって手作りケーキに手作り赤飯
私、いずれも出来ません自慢じゃ無いですが・・・・・
有り難う、鷹羽君。
で、連休明けには、さくらが名古屋でプロレス参戦との連絡もあり
魔界を散歩している、何やら幸せな63回目の誕生日でした。

|

演奏会が近づきました。

久しぶりの太鼓演奏の日が近づき、本日が、その日の為の最終
練習でした。
1時間の演奏が出来る桜祭りが中止になったため、8月の定例会
前のまとまった演奏会が、5月3日の守山区の東谷山フルーツ
フェスタでの午前・午後30分ずつの演奏なのです。
ゴールデンウィーク真っ只中ですが、皆様是非お越し下さいませ。
午前の部 11時40分から
午後の部 2時20分から

|

春爛漫の我が庭。

暖かくなりいっきに庭が活気づいてきました。新しく植え替えた花も
ありますが、冬の間じっと我慢の植物たちも生き生きしてきました。
駐車場から我が家に向かうとこの景色が私を迎えてくれます。
007_2

右のベランダがこれ。
005_2    

そして左のベランダがこれ。
004_2_4

花々か迎えてくれ、このラティスの隙間から猫たちがお帰りにゃあ
と言ってくれるのですよ。

母も退院し、ひとまず日常生活に戻れる第一歩を踏み出し、店も
週一回の営業ですが、母復帰を願うお客様達が来て下さり、この
2ヶ月無事に家賃も払え、留守を預かる私としては、皆様に感謝・
感謝です。ちょっと一息ってとこですね。

|

母、もうすぐ退院。

先週の事です。金曜日、私は母の店を営業し千種区の母の家に
泊まり土曜日、母とケースワーカーとリハビリの先生をお待ちして、
手すり設置場所の色々を検証しました。
で、結局無くても良いかな?と言う程のすばらしいリハビリ効果で
その場で退院日を決めたのです。
普通は、外泊を何度か経験し日常の生活に身体を慣れさせてから
退院なのですが、先生曰くいつ退院されても良いと思いますよ!と
言うご意見で今週金曜日退院です。
母はもっと早く出たいとごねましたが、書類作成とか、私が休みを
取っていたのが金曜なので最短て゜その日なのです。
母自慢の藤棚がこの暖かさで五分咲きで、2ヶ月ぶりに自分宅に
ちょっとだけ戻る母の為に、2時間草取りをしましたよ、あたくし

|

ああ、太鼓の音が出せない?

母の入院1ヶ月目でちょっと体調を崩した私も今では元の元気印。
介護認定に関する色々、障害者手帳に関する色々、千種区役所
との往復も何度かあり、私は忙しかったけど母は順調にリハビリし
杖で歩く状態に回復しております。

そして本日観光協会の地域活性委員会があり、さくらまつりが中止
になったためとっても久しぶりに皆さんにお会いした感じでした。
今年度の事業予定を話し合いましたが、近い予定のキャンドル・
フェスタを集中審議。

桜も満開、我が庭もかなり花ほころんでああ幸せな暖かさ。
でも、太鼓教室としては一大事が起きていたのです

多くの太鼓団体が集中して練習しているのは、スカイワードあさひ
ですがその近辺の住民から騒音苦情が相次ぎ、市としてはここを
太鼓の練習禁止にすべし!との動きがあったのです。
文化活動を生涯学習として勧めている尾張旭市として、何年か前
に渋川福祉会館に防音施設の部屋を作りそこで太鼓団体は活動
するはずだったのが、どうにも中途半端な防音設備で使用禁止に
なり、結局スカイワードあさひに戻り、太鼓団体が多いため月曜か
ら土曜までの5時から9時の間が、びっしり太鼓の音が出るはめ
になったのです。
私は太鼓に命かけてるけど、嫌いな人にとっては騒音ですよね。
この施設にもう少し防音状態を施せば良いのだろうけど、予算とや
らで駄目なのかな・・・
でも、ここを追い出されたらどうしようも無いので、ひとまず対策を
練りました。すべての太鼓の打面を布かゴムで覆い、かなりの効果
が期待出来ます。
先日やってみて、とっても悲しい響きですが・・・仕方無いです。
ぶうたれる子供達に納得してもらいながら、頑張るべ

|

神田香織さんのジャズ講談。

先日、初めて講談成る物を聴きに行きました。尾張旭市の図書館
でチラシを見つけ、興味を持ったのです。
009_2

神田香織さん、社会派講談師、とでもいうのでしょうか?
うりんこ劇場で以前、「はだしのゲン」「チェルノブイリの祈り」
を上演し、続く第3作目だそうですが、私は初体験です。
ジャズ好きの私としては、ビリー・ホリディ物語を、ジャズピアノの
伴奏付きで講談し、最後はサックスも加わると言う説明書きを読み
どう構成するのだろうか、絶対見なくちゃと思って行ったのです。

002_2

神田香織さんご自身が福島出身らしく、この震災・原発事故の話を
方言交えて語られた後、黒人の奴隷時代からの人種差別に翻弄
されたビリー・ホリディが歌手として成功し、代表作「奇妙な果実」を
クラブで初めて披露し、余りの暗い歌なので認められないのではと
案じたが絶賛されたと言うくだり・・・もう、涙・涙でした。
黒人がリンチをうけ首を切られ、その首が木につるされ、風雨に
さらされてやがて腐って落ちていく、まるで果実のようだという内容
は知っては居ましたが、ビリーの幼い頃からの話・両親の話を理解
した後でじっくり聴くと、嗚咽しかありませんでした。
そして講談を終えた神田さんが静かに消え、代わりにサックス奏者
が登場し、観客が感動しているその空間を、ピアノとサックスが
静かな熱い演奏でとどめを刺すかのごとくに奏でる・・・・・
すばらしい芸術でした。女性3人のかもし出す、感動の時間でした。

|

ちょっと疲れちゃいました。

年度が替わり、暖かくなりましたね。
さくらまつりが中止になりました。大変な被災でどこもかしこも自粛
のムードなので仕方ありませんが。
考え方は真っ二つに別れると思います。被災地のことを思ったら
祭りなんてやってる場合かと言う考え方。
もう一つは中部より西地域が活性化してイベントをやり義援金を
募り被災地に送るべきだと言う考え方。
私は後者の考えを支持しますが、尾張旭市は祭りを中止しました。
昨年も、ちびっこ相撲大会が相撲世界の不祥事で中止になったけ
ど、力士が居なくても子供達だけの大会をやるべきだと声高に言っ
た私は惨めな存在でして、でも、ま、あれは、準備不足なのでや
らなくて良かったかも・・・
今回節電はとっても大切ですが、変換器不足のため送電出来る量
が決まってるので、西側はより経済発展を遂げて援助しなきゃね。

でも、ここずっとテレビで見る東北地方の方々の姿を拝見し、あれ
程の被害を受けながら、謙虚で忍耐があり、外国のように暴動を
起こすわけでもなく、援助に感謝していらっしゃる様子を見るに付
け、本当に日本人は何て素晴らしいんだと、日々感動してます。

さて、ここんところの私の生活ですが・・・
3月に入って仕事はありますので、昼はキャディ業務をし、夜は火・
水・木と太鼓教室、月曜定休日も昼の太鼓教室をし、さて金曜日
は5時半起床の昼キャディ業務、その後仕入れチャーム作りをし、
母の店を夜中1時頃まで経営し、母の家に泊まり、翌土曜日店の
片付けをしてから家に戻ります。従って土曜日は休みますと会社に
お願いはしてありますが、このリズムを1ヶ月続けて体調を崩しま
したね。
普段48.5キロがベストコンディションですが、1ヶ月立った頃、
朝からずっと気持ちが悪く、眠くて眠くて、気力が無い状態でした。
体重は46キロでしたが、痩せて喜んでる場合ではありませんよ。
このリズムの間に、病院の母からあれが欲しいこれが欲しいとの
連絡で病院通いが加わるので、睡眠不足とカロリー不足だったの
です。
今は体重も戻り活力も出て、ホントに久しぶりのブログです。

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »