« 嬉しい訪問者 | トップページ | さあちゃんの手術その後。 »

さあちゃん生きてて有り難う。

我が家の達、4匹居ますが長男さかい通称さあちゃんが、また
やっちゃいました、と言うか本人はその気がないのに病気になった
のですが・・・・実は彼は石が尿道に詰まっておしっこが出ない状態
になって2回手術してるんです。
昨日のことです、夕方まで普通だったんです、で次のライブの打ち
合わせで母の店に行き、帰宅したのが夜中12時。その時の玄関
の様子がちょっと変だったのであれっと思ったのですが、そのうち
うおーと低くうなり初め、その声は以前に石が詰まっておしっこが出
ないで苦しんでる時の声と一緒だったので、やべっ又やっちゃった
かなと思い明日の仕事休ませて貰い医者に連れて行こうと思った
わけです。ところがキャディ1人余りのところ私の前に当日欠勤が
あったので私は休めなくなったのです。仕事中気が気では無かった
のですが・・・いつも駐車場から30メートルあるのに直ぐ私を見つけ
ベランダ越しにみゃーみゃーお帰りと言ってくれるのはさあちゃん
だけなのです。他の子は無言で迎えてくれるので・・・
さあちゃんが死んだらあの声はもう聞けないっと思ったら涙が溢れ
ましたが、いかんいかんと仕事に集中する努力の後、急ぎ帰宅。
さあ、玄関での他の猫たちの迎え方が違います。
いつもはくわーとどでかいあくびをしながら出てくるのが、今日は
3匹がそわそわばたばたと、私に訴える目をしながら動き回って
います。恐る恐る中に入っていくと、私のべッドでくたっと横たわって
いるさあちゃんがいます。でも、生きてます、「さあちゃん」と声を掛
けると、か細くみゃーと答えました。痛みは通り越して尿毒症に近い
状態です。急ぎ移動かごに入れ行きつけの獣医さんへ。
緊急手術、兎に角おしっこを出さなくてはいけません。今麻酔を打つ
と死ぬ可能性があるとのことで、看護婦さん二人が前足後ろ足を押
さえ、私はエリザベスカラーをつけた顔をなでなで胴体を押さえ、
獣医師2名70分かかって処置終了。はあ~有り難うございました。
原因ですが、さあちゃんには病院の出す高い餌だけ与えてますが
何しろ高いのでほかの3匹には普通の安い餌をやるため、私の目
を盗んで時々その安い餌を食べた積み重ねが、尿のpHのアルカリ
値が上がり石が出来やすくなったのです。
だからお金をけちった私に責任があるのです。
でも今日、帰り際に看護婦さんがこう仰いました。
猫ちゃんは体質なのでしょうがないです。さあちゃんも野良猫のまま
だったらいっつか死んでるけど、こうやって飼われてるから周りが
気づいて生きながらえているんですよ。・・・
優しいお言葉ありがとう。

|

« 嬉しい訪問者 | トップページ | さあちゃんの手術その後。 »

ペット」カテゴリの記事