« 団員紹介 | トップページ | 名古屋国際女子マラソンの顛末 »

面白い芝居でした。

6日(土)の公民館まつりはあいにくの小雨模様でしたが、その割
にはお客様がいらして下さって有り難い事です。
20分間の演奏は、前回より更に迫力が増し、実に頼もしい事です。

次回は4月4日(日)尾張旭市のさくらまつりで演奏します。
城山公園のイベントホールで午後1時から1時間予定です。

さて、昨日は娘さくらの芝居を観に 東京笹塚ファクトリーに行って
参りました。
作・松田環、演出・主演・田中精による平安絵巻、
「汝、知り初めし、逢摩が刻に」
出演者21名と言う大掛かりなキャスティングで、チャンバラ・
アクションありの速い動きの展開だし、ストーリーがしっかりしてて
しかも謎解きどんでん返しありの、めちゃ面白い芝居でした。
しかも後半、涙涙の物語展開で、最初から泣けると解ってれば
ハンカチを握って観るのですが、まさかここまで泣けるとは思って
なかったので舞台を観つつ手探りでバッグのハンカチを探しまくる
みっともない私がおりました。
さくらは、おきゃんな役どころで、随所に笑いを取る得意のパターン
でしたね。
千秋楽だったけど良い声してました。私と同じでもともと喉が弱く
疲れが喉に出るタイプなのですが、昨年ポリープを取ってから、
喉が少し強くなったのかな?

|

« 団員紹介 | トップページ | 名古屋国際女子マラソンの顛末 »

娘達・さくらと明日花」カテゴリの記事