« プロレス観戦。 | トップページ | シュラバスター »

マラソン人生。

昨日は 大阪国際女子マラソンが行われましたね。
私はその時間帯は、娘さくらのプロレス興業に行っており、
テレビ中継は観ておりませんが、今日は昔のマラソンのお話。
ジョギングを始めたのは次女明日花を出産して間もなくの事、
29年前です。、早く体型を戻そうと走り始めたのですが、2年間程
楽しく走ってるうちに大会に出たくなり、青少年公園、今のモリコロ
パークですが、10キロ健康マラソンで女子98人中13位でした。
10位までが入賞だったので、頑張れば手が届くかも知れない
思ったのが、のめり込むきっかけでした。
それからの日々、暇を見つけちゃあジョギングを重ね、10ヶ月後
静岡磐田フルマラソンに初挑戦、しかしこの時とんでも無いミスを
しました
普段靴下をはいて走ってるのに、誰だったか有名な方が素足で
シューズを履いているのを知り、ミーハー的に真似をしたのです。
案の定10キロ地点で指先に豆が出来、20キロで足の裏全体が
水ぶくれになったのを感じ、もう痛いのなんの泣きそうでしたね。
初マラソンでリタイアなんてとんでも無いと歯を食いしばり、走り
続け残り5キロで足裏が破れ、血とリンパ液がジョワーと生暖かく
広がり、左右の靴が見る間に真っ赤に染まりました。
でも既に痛みは通り越し全く感じない状態になってましたので、
何とかゴール出来ました
初マラソンは3時間45分50秒でしたが、帰りの新幹線の階段は
一段ずつの蟹さん歩きで、100メートル歩くのにどれだけ時間
掛けた事か!何日かして足の爪が剥がれた時は痛みは無し。
むらむらと国際女子マラソンに出たい願望が芽生え、 大阪の知人
に尋ねたら、河口湖マラソンで資格を取って出たとおっしゃる。
ならば私もと1年後、 大阪出場資格の3時間30分以内を取り、
愛知陸連に登録し申し込んだら受付のお嬢さん、「河口湖は、
公認記録では無いから駄目です。」と、きっぱり。
友人が河口湖の記録で出た事を長々と説明したけど問答無用
この1年間酒断ちをして頑張った私としてはベソかきながら、直接
大阪陸連に電話をし、事情を話すと、兎に角こちらに書類を提出
してごらん、と有り難いお言葉。
うぎゃ~~~~!!!!!出れましたぁ
1986年1月26日、 大阪国際女子マラソンのスタートラインに
立った37才の私は、もう感極まって涙ぼろぼろでした。
そして記録を5分縮めて名古屋への出場資格を取ったわけです。



|

« プロレス観戦。 | トップページ | シュラバスター »

スポーツ」カテゴリの記事