« 母誕生日 | トップページ | ベランダ遊戯場 »

ペット紹介

8年前から一緒に暮らし始めた雄さーちやんが、私の仕事中
ずっと独りぼっちなのが可哀想で、どっかで可愛い捨て猫見つけ
ようと思っていたら近くのホームセンターで見つけました。
1年後のことです。
ちょうどお花売り場をウロウロしている2匹の三毛猫。
まだほんの手のひらに乗る小ささに感動
でも・・・・1匹で良いよなぁ、と、ぱっと見可愛い方の子をゲット、
バッグに入れたけどこの子達、姉妹なんだろうなぁと気になり、
もう一匹を捕まえようとしても、用心深いのか出て来ない。
気になりながらも、連れ帰ってさーちゃんとご対面させると、
すぐに打ち解け、さーちゃんったらもう親のようにペロリペロリ。
200909231859
これは6才の今。


さてそれから3日間、2匹が仲良く仲良くしてるのを見てるうちに、
連れて来なかったもう一匹の子猫のことがすんごく気になり、
居たたまれずにホームセンターに行きました。
レジのお姉さんに伺うと、みんなが捕まえようとしても用心深くて
駄目なんですよぉ、とのこと。
もう私、胸が痛んで、何とか連れて帰ろうと思って、呼びました。
すると、床下の奥から蜘蛛の巣だらけで、3日前白い毛だった
部分が薄汚れた灰色になった子猫が鳴いて出て来たのです。
あの時あんなに逃げ惑っていたのに・・・たぶんもう一匹の子猫
のにおいが私に付いていたんじゃないでしょうか?
涙がぽろぽろ出て来て「ごめんね、お母さんと一緒に帰ろう。」
その子をバッグに入れ、レジのお姉さんに、連れて帰る旨を告げ
ると、あっちからもこっちからもお兄さんお姉さんが寄って来て、
「捕まったんですか?良かったぁ。」「わあ、良く出てきましたねぇ、
良かった良かった!」ってみんな心配してたんですねぇ・・・・
さあ驚いたのは、家に帰った時のこと。
玄関で、「今日から、ここがお家だよ。」って子猫をバッグから出し
た時、一声鳴いたんですね。
その声を聞きつけた3日前からいる子猫が、トトトと走って現れ、
3段の階段をドバッと、ムササビが飛ぶようにして両手を広げ、
宙を舞い、ぐわっしっと飛びつき抱きついたんです。
で、2匹が団子になってごろんごろん、ごろんごろん。
「どこ行ってたのよ!心配してたんだから!」って言ってる様な。
さーちゃんがおっとり現れ階段の上でぼーと見てる。
私は私で、もう涙ぼろぼろ、鼻水だらだら・・・・
足下で繰り広げられている姉妹の再会を邪魔しちゃいけないと
思って涙も拭かず鼻もかまずじっとしている私、きっと凄い顔。
200909222338
これが6年後の、ルパンです。
で、最初の子がふじこ、
両方とも・・・女の子なのですが・・・

|

« 母誕生日 | トップページ | ベランダ遊戯場 »

ペット」カテゴリの記事